自由になりたくて営業を離れる事は不埒なのか?

カレッジを卒業してからずっと世間人間だった。ただひたすら働いて給与を貰う。
きっとそういった毎年がずっと貫くんだろうなって思ってた。
30お代に入った時から先々を感じ取るタームが圧倒的に増えてきた。
彼氏との婚姻もそうだし職種のことも。
職種自体は嫌いではなかったし結婚して子供ができても何かしら仕事をしていたいなとは考えていた。
あんなある日、職種でミスをした。正確には我々個人間では無く部署アウトラインがやばい状況に追い込まれた。
マネージャーがまずくびになった。それから辞めて出向く人間も出てきた。
その時の団体の応対は去るカタチ追わず、、、働き手なんて変わるカタチ、、、。
そんな感じだった。
職種ってなんだろう、一所懸命働いてディスポーザブルされて私の人間生っていったい何。
激しく考えさせられる事柄だった。このまま誰かに使われて成し遂げる人間ライブなのか自分で自分の赤い糸は司る人間ライブなのか決断しなければいけない際が来た。
創業決める!仲の良い友達がパターンするどくさっそってくれた。
その頃の我々には給与が無くなる恐れなどなかった。フリーを手に入れたくてそのことを考えると牛乳が高鳴った。
自分の自由に助かるターム。給与にたよらない経済的フリー。誰にもとらわれないフリー。
フリーを手に入れるために我々は会社を辞めた。http://xn--uckdkz7b7cvmuc.xyz/