グアムでの婚礼は困難変化もあったが目下と思えば幸せな土産です

6年前にウェディングを行いました。(もう6年にもなるのか)親族が遠方に住んでいて、日頃面持ちも併せないし、わざわざ来てもらうのもスイマセンので、それだったらいっそのやり方海外で挙式を挙げようということになりました。父兄くらいは呼ぼうかと話していたのですが、ダディー方の父母は高齢で遠出が難しそうで、私の父母だけを叫ぶのもおかしいなと言うことになり、普通二人きりでの範疇を行うことになりました。
のち金銭的にも、大々的な披露宴を行ったりしないし新婚航海も兼ねるので安く済むというのも外国挙式を選んだ意味のひとつです。そしてグアムなら時差も安いし航空機で3瞬間くらいで行けてしかも安い!最初からグアム最初択でした。
外国挙式は日本での範疇と違って本番まで式場の下拵えをできないですが、海が窺えるチャペルで、最高のフィールドでした。着替えてから式場までリムジンで連れて行ってもらえました!
4泊5太陽で行って、シャトル湯船に乗って免税売り場を回ったり、パックに参加して沈没艦に乗ったり、もちろん海にも入ってパラセイリングやバナナボートも売りました。国中人もいっぱいいてパックも多くとても充実した瞬間を過ごせました。
範疇には人を呼べませんでしたが、代わりに数ヶ1ヶ月後に帰国後者グループと称して二次会のような規模で仲の良い友達を呼んで宣伝をしました。代金も省エネルギーできるし(笑)、外国挙式、オススメです。ビルドマッスルHMBの効果とは?